ホビーの匠

エンタメ~テレクション47 From広島 CS初放送!
ホビーの匠

3月は仁王像の匠と、滝に虹をかける匠。ロマンティックな風景を巡ります。

ホビーの匠

日本 時間 HD

匠たちの興味深い生態と深い知識をMC、自称「広島一のオタクタレント」中島尚樹が探っていきます!
担当者が趣味で作った番組です。その筋の?おたく?こだわりをご紹介。キャラクターものの匠は当たり前!「狛犬の匠」「マンホールの匠」等など「こんな匠が本当にいるの?」という匠まで取り上げています。「そんな番組をよく放送できますね?」と聞かれます。いいんです。視聴率が獲れなくても…。
一部の熱狂的な人が見てくれれば!! ただですね、これが意外と面白いんです!皆さんも一度ご覧になってください。
‘匠ワールド’に嵌ること間違いなしです。

ホビーの匠・オフィシャルサイトはこちら >>

Episode
番組内容

#123 再放送

#123:仁王像の匠 後編

匠:渡邊丈士さん
前回に引き続き、仁王像の匠。
全国に2000組はいるであろう仁王像ですが、一つとして同じものはなく個性的なものばかり。それは作られた時代や地域などその時の「想い」が込められているからだそうです。

険しい表情ばかりではなく、中には楽しげに笑っている仁王像もあり、なぜこんな顔になったのか非常に興味がわきます。
ちなみに渡邊さんはそんな愉快でファニーな仁王像を「ファニオー」と呼んでいます。

ホビーの匠

#124 再放送

#124:滝に虹をかける匠(最終回)

匠:猪原康正さん
今回は...敵に追い詰められ川へダイブ!九死に一生を得たと思って安心していると、川下から大きな音が。「あっ滝だ!」でおなじみの滝です。

猪原さんは小学生の頃、ある出来事がキッカケで滝に魅了されてからずっと滝を訪ね、現在1300以上の滝を見てきました。
しかも猪原さんは滝に虹がかかっていることにこだわりがあり、昼のレインボウだけでなく満月の夜に見る事が出来るムーンボウの写真を撮影する。ムーンボウはめったに目にすることがないことから見たら幸せになれると言われている地域もあるのだとか。
そんなロマンティックな猪原さんと島根県にある龍頭ケ滝へ。

ホビーの匠

Youtube
動 画

(C) HOME