ウドちゃんの旅してゴメン

エンタメ~テレクション47 From名古屋
ウドちゃんの旅してゴメン

あたたかな笑い、優しさ、ほのぼの、キュンとする気持ち…。
ウドちゃんの笑いと優しさがいっぱいの行き当たりばったりの旅。

ウドちゃんの旅してゴメン

日本 時間 HD

"忘れかけていた気持ちを、ウドちゃんが気ままな旅を通じてみなさんにお届けします。出会った人々も気さくに接してくれる、台本のない旅。「旅番組」というよりは「旅のドラマ番組」。ユニークな人々との出会いによって、旅が予期せぬ方向にむかうことも!?ウドちゃんの笑いと優しさがいっぱいの行き当たりばったりの旅、お楽しみ下さい。

On Air Schedule
オンエアスケジュール

2
2018 February

#374
2(金)7:55-

#375
6(火)18:00-(初)
9(金)8:00-

#376
13(火)18:00-(初)
16(金)8:00-

#377
20(火)18:00-(初)

#378
27(火)18:00-(初)

3
2018 March

#378
2(金)8:00-

#379
6(火)18:00-(初)
9(金)8:00-

#380
13(火)18:00-(初)
16(金)8:00-

#381
20(火)18:00-(初)
23(金)8:00-

#382
27(火)18:00-(初)
30(金)8:00-

番組表はこちらから

Cast
出演

ウド鈴木
血液型:AB型
星座 :やぎ座
性格 :竹を割ってまたくっつけたような性格
好き :豚のしょうが焼き定食、綿棒、上戸彩ちゃん、エントランス
嫌い :アップルパイ、落ちているトイレットペーパーの芯、生きたシャコ、手前に引くドア

Episode
番組内容

#374 2月ONAIR

#374:千古の神山が見守る里 愛知・三河一宮

「愛知・三河一宮」を旅してゴメン!スタート後、地元のお母さんたちに大歓迎していただいたウドちゃん♪そのまま一緒に「大きな銀杏の木」に行きモーニングをいただきつつオススメの場所「トーマス」を教えていただきました。

再び歩き始め「砥鹿神社」に到着。奥に進むと扉についている神紋の形が神社とどう関係があるのか興味津々。七五三で来られた方が身長を測れるように設置されている身長計で測ってみて、子どもの頃の自分と会ってみたいなぁと思うウドちゃんでした。先程の神紋について神社の方に伺うと昔、カメの甲羅やシカの肩甲骨を焼く卜占(ぼくせん)という占いで出た良い形だと由来を教えていただきました。

再び町の中を散策していると畑などが広がる場所で作業中のお父さんがいらっしゃり声をかけさせていただきました。「トーマス」への行き方や、かつて雷が落ちて変わった形になったイチョウの木があることを教えていただき行ってみることに。まずは教えていただいた近道であっという間に「miniature world cafe」に到着!「トーマス」はお母さんたちだけの通称だったようです。中には精密な鉄道や町の模型がたくさんありウドちゃん感動!お話をしていると明かりが消え、夜の世界に…星空が広がり模型の町に明かりがともる幻想的な空間を心から楽しんだウドちゃんでした♪

次にやって来た「スイス原田屋」ではお目当ての“大いちょうまんじゅう”が残念ながら売り切れ。かつて野球の審判をやっていたというお店のお父さんに掛け声を言っていただき迫力の差を感じました。最後にやって来たのはイチョウの木。見事な大きさに自然の力強さを感じ今回の旅を締めくくりました。

ウドちゃんの旅してゴメン ウドちゃんの旅してゴメン

#375 2月ONAIR

#375:一徹無垢な人々が住む町 岐阜・羽島市

「岐阜・羽島市」を旅してゴメン!名鉄江吉良駅前からスタートし、不思議な地名だなと思っていると「江吉良コミュニティセンター」を見つけたので、地名の由来が聞けるかも、と訪ねてみました。ウドちゃんの突然の訪問にビックリされましたが、由来を教えていただくことができました。奥のお部屋では皆さんで生け花を楽しんでいらっしゃるということでそちらにもお邪魔させていただき大歓迎していただきました♪

次にやって来たのはなんと鍛冶屋!お話を伺うと刀を専門で作っていらっしゃるそうでウドちゃん興奮!まず鉄を叩いて火を起こす伝統の技を拝見させていただきました。それから場所を移動して房太郎さん作の日本刀を見せていただくと、刀の迫力に圧倒されます。実際に持たせていただき、凜とする感じに心も体も引き締まる思いのウドちゃんでした。

ここで視聴者情報を開き一粒5万円のイチゴがあるという「奥田農園」へ。自動販売機には様々なイチゴが並んでいましたが、中でも視聴者情報にあった一粒5万円のイチゴがやっぱり気になり、意を決して1万円を入れるとなぜかそれ以上入らず…結局農園の方にお話を伺うため事務所にやって来ました。訪ねたタイミングでは収穫がまだだったようですが、毎年予約でいっぱいになってしまう人気商品だそうです!

再び町中を歩いていると“空天丼”と書かれた看板を見つけ店内にお邪魔させていただきました。タレをかけない《空》と《カラッとしてる》というのを抱き合わせて“空天丼”というネーミングになったそう。どこから食べようか悩むほどボリュームたっぷり!家族みんなで考えたメニューにほっこりしおいしくいただいて大満足で今回の旅を締めくくりました。

ウドちゃんの旅してゴメン ウドちゃんの旅してゴメン

#376 2月ONAIR

#376:元気の源 城下町で発見! 愛知・清須市

「愛知・清須市」を旅してゴメン!スタート地点からすぐの川沿いに降りてみるとお父さんたちがいらっしゃったので、どこを歩けばよいかアドバイスをいただきました。早速気になるお店を見つけ立ち寄ってみると、お母さんの妹さんのご自宅で採れたという見事なぎんなんを販売しておられました。

お店を出るとすぐとても元気なお父さんに声をかけていただき、お父さんが営まれている花屋に案内していただきました。店頭いっぱいに並ぶたくさんの花々にウドちゃんもテンションが上がります!お母さんとの出会いや、昔、洋裁学校に通われていたお話などを伺いました。

次にやって来たのは「飴茶庵」という駄菓子屋。昭和の茶の間を再現した空間に懐かしさがこみ上げます。細長いゼリーを子どもの頃のようにいただきました♪通りを歩いているとランチ500円の看板が気になり「喫茶美竹」へ。お母さんにご挨拶させていただくと、なぜかできあがっていたラーメンをいただけることになり奥の席に案内していただきました。こちらはなんと1時間ほどしか営業していない知る人ぞ知るお店。お母さんが泥棒と遭遇した時、缶ビールを持たして帰したら数年後、缶ビール代を持ってきたというお話を聞いてほっこり♪そんなお話を伺っていると常連さんが来店され、ウドちゃんがいることにビックリするも、おごってくださるということでお言葉に甘えてしまいました♪

最後は通りで見つけたランドセルの会社「後藤重」へ。会社の方にご挨拶させていてだくと温かく歓迎していただきました♪工房に案内していただき、作業の様子を拝見。細かい作業に目を見張るウドちゃん。懐かしく感じる物に触れたり、元気な町の方にウドちゃんも元気をいただき今回の旅を締めくくりました。

ウドちゃんの旅してゴメン ウドちゃんの旅してゴメン

#377 2月ONAIR

#377:三河湾の穏やかな港町 愛知・蒲郡市

「愛知・蒲郡市」を旅してゴメン!最初に訪ねたのは観葉植物がたくさん並んでいる「ムーミン」という喫茶店!お邪魔させていただくと、おちゃめな店員さんが迎えてくださいました♪モーニングをいただいていると、ちょうどオーナーであるお母さんがやって来られ、お話をお伺いしました。まさか撮影しているとは思っていらっしゃらなかったようで、撮影中だとわかった途端に照れるお母さんでした。

次に見つけたのは「安藤帽子店」。ウドちゃんの来店に驚くお父さんでしたが、タレントさんはカッコよく帽子を被りますよね、とお父さん。気になった帽子を購入することに決め、お値段を伺うとまさかの70%オフにビックリのウドちゃんでした!

続いて「竹島水族館」を訪ねると突然の訪問にも関わらず、係員さんに案内していただけることに!深海の生き物に触れることができる水槽ではイガグリガニとオオグソクムシをおそるおそる持ってみたウドちゃん。こちらの水族館は日本一多くの種類の深海の生物を展示しているそう!他にも館内を案内していただいていると、それぞれの生物の紹介が手書きで書かれており、ユーモア溢れる内容にウドちゃんも思わず笑顔に♪約50匹のウツボがいる水槽はちょっと気持ち悪いと思いつつも、見入ってしまいました。

ここで視聴者情報を開き「鈴木バナナ店」に行ってみることに。到着すると黄色い建物の中に、いくつかバナナの房が並んでいました。お母さんにお話を伺うと、なんとバナナ一筋80年のお店だそう!昔、全房で届いていた物を一房ずつ切るために使っていた、バナナ専用のカマを見せていただきました。一本バナナをいただくとしっかりした美味しさを味わい、町の方の優しさに触れた今回の旅を締めくくりました。

ウドちゃんの旅してゴメン ウドちゃんの旅してゴメン

#378 2月ONAIR3月ONAIR

#378:芭蕉が生まれた忍びの里 三重・いがまち

「三重・いがまち」を旅してゴメン!駅前の観光案内図に芭蕉生誕記念碑を見つけぜひ行ってみたいとウドちゃん!最初に訪れたのは「中村屋」というお店。ご挨拶させていただき、最初は旅館として創業したとお店のことを教えていただきました。さらに町のことについて書かれた本を見せていただくと、ウドちゃんの大好きな《男はつらいよ》に柘植駅のシーンがあり、当時はSLが走っていて現在もD51が展示されている場所があるという情報を教えていただきました。

通りを歩いていると旅ゴメファンというご家族に元気よくご挨拶していただき、昔、ウドちゃんのトークショーに参加したことがあったそうで、その時購入した本まで見せていただきました♪そしてかなり大きなカツをいただくことができる「伊賀ドライブイン」を教えていただいたので行ってみることに!

その前に「芭蕉公園」に立ち寄り、レンガに刻まれている子供たちの俳句をしみじみ読ませていただきました。俳句を投稿する箱を見つけウドちゃんも一句投函!

そして先ほど教えていただいた「伊賀ドライブイン」にやって来て“びっくり豚カツ定食”をいただくと伺ったとおり圧巻のボリュームでした!続いてタクシーに乗り機関車が展示されている「余野公園」へ。広場を抜けると大きなD51が!車内に乗り込み気分はすっかり運転手♪正面に立つことができ大興奮のウドちゃんでした!

最後に訪れたのは「橋本酒造場」。ちょうど外に現れたお父さんにご挨拶させていただき、中に案内していただくことができました。できたての新酒をいただき、舌鼓♪芭蕉ゆかりの地ということもあり最後にもう一句詠んで今回の旅を締めくくりました。

ウドちゃんの旅してゴメン ウドちゃんの旅してゴメン

#379 3月ONAIR

#379:越中剱岳の麓 みぞぎ修行 富山・上市町

「富山・上市町」を旅してゴメン!剱岳が見えるところに行ってみようとワクワク♪駅にあるタクシー会社で出会ったお父さんにオススメの場所を尋ねてみると滝修行ができるという「日石寺」を教えていただき、早速タクシーに乗せていただいて行ってみることに。車内では方言の話で盛り上がり、ウドちゃんと同じ地元の方がいらっしゃるとの情報をいただきました。

到着するとそうめんの暖簾を見つけ、ちょうどいらっしゃったお父さんに声をかけさせていただきました。階段を登っていくと参拝者の方々がいらっしゃり、ウドちゃんもお参りへ。岩に彫り込まれた不動明王様の神秘的な雰囲気に圧倒されるウドちゃん。ご住職のお話では昔は愛知県内にも分体があったそうです。こちらでも滝行を勧められましたが、実際に見てみると本当に寒そうでやられている方もおらず諦めようとしていたところ…スタッフのAD山本君が「ボク、やります!」と後押ししてくれたので2人で挑戦!冷たい滝に身も心も清められ、固い握手をかわす2人でした。

先ほど立ち寄った「ドライブイン瀧路」を再び訪れ、お父さんがオススメする冷たいそうめんをいただくことに。滝が流れているところを再現したきれいな盛り付けに感心しつつ、つるつるいただきました♪

ここで視聴者情報を開きやっぱり温泉に入りたい!と「湯神子温泉」へ。係りの方にご挨拶させていただき、早速温泉に♪ポカポカ温まらせていただきリフレッシュしたウドちゃんでした!

そして最初に出会ったタクシー運転手さんに教えていただいた酒田出身の方に会うため駅に戻ることに。途中、道を尋ねるために立ち寄ったお店では、明るいお母さんたちに元気をいただきました!駅に戻ってくると会いたかった同郷の新谷さんと会うことができ、懐かしい方言にお話に花が咲いて、思い出深い今回の旅を締めくくりました。

ウドちゃんの旅してゴメン ウドちゃんの旅してゴメン

#380 3月ONAIR

#380:冬の日本海 翡翠の町 新潟・糸魚川市

「新潟・糸魚川市」を旅してゴメン!今回は雪の中のスタートとなりました。最初に訪れたのは「ヒスイ王国館」。小滝川などの河川は採取禁止ですが、流れ出たヒスイは拾ってもよいそう。大きなヒスイの原石を拝見させていただきました。様々なヒスイを見せていただく中で、ヒスイの急須を見つけたウドちゃんは興味津々!実際に持たせていただくとその重みにビックリでした!

次にやって来たのは海を一望できる展望台。冬の日本海を満喫したウドちゃんでした。ここで視聴者情報を開き「権現荘」に行くことに。町中に展示されているSLを見つけ機関車好きの血が騒ぎました♪電車で移動しようと乗車しにやって来ると、カラフルな車両にワクワク♪景色を楽しんでいる間に目的の駅に到着!干物を焼いているお父さんに声をかけさせていただくと、店内の魚をいくつか説明していただきました。そして焼きたてのメギスという魚をいただきホクホク舌鼓♪

その次のお店では“あんこう汁”をいただき濃厚なおいしさに感動!“ベニズワイガニ”の殻をうまくとることができず、店員さんに教えていただくもやっぱり苦戦するウドちゃんでしたが、大満足♪通りに出て出会ったお父さんに声をかけさせていただくと、雪がいかにたくさん降るかを教えていただきました。最後は「権現荘」にやって来て露天風呂に入らせていただき、ポカポカと温まり今回の旅を締めくくりました。

ウドちゃんの旅してゴメン ウドちゃんの旅してゴメン

#381 3月ONAIR

#381:人は鎹(かすがい) 味も良し! 愛知・春日井市

「愛知・春日井市」を旅してゴメン!旅のスタートは味美駅から!味が美しいと書いて《味美》ということで、これは美味しそうなものに出会えそうと期待を胸に出発です。まだ雪の残る通りを歩いていると、雪だるまを作っている女の子に遭遇。一緒に雪合戦を楽しみ、それを見ていたお父さんに「三六」という、うどん屋さんを紹介していただきました。

「三六」に向かう途中、お豆腐を持ったお母さんと出会い、50年近く夫婦で営む「石川豆腐店」を教えていただきます。人柄の良い笑顔の素敵なご夫婦に癒されつつ、滑らかな口どけのお豆腐に舌鼓♪大満足の寄り道となりました。

うどん処「三六」では、愉快な人柄のご主人に迎えていただき、麺がモチモチの海老おろしうどんがセットになった“日替わりランチ”をいただきました。ここではお豆腐にソースをかけてしまうというハプニングも!

お腹も満たされ視聴者情報で寄せられた「林昌寺」へ。月2回、土日2日間開催される寺カフェのお話をご住職のお母様に伺い、開催日ではありませんでしたが特別に寺カフェを体験させていただき、本堂でコーヒーとお菓子をいただきながらお寺の方との楽しいひととき♪駅名どおりたくさんの美味しいものと市民のみなさんの人柄に癒された旅となりました。

ウドちゃんの旅してゴメン ウドちゃんの旅してゴメン

#382 3月ONAIR

#382:寒空に揺れる なおい布 愛知・稲沢市編

「愛知・稲沢市」を旅してゴメン!旅のスタートは稲沢駅から!天下の奇祭として有名な国府宮はだか祭で知られる稲沢市を、視聴者の方にプレゼントしていただいた、ウドちゃんのリュックについている2代目なおいぎれと共に歩きます。

雪の残る通りを歩いていると、ラグビー選手の五郎丸さんと同じポーズをとっている石像を発見!興味津々で敷地内の建物を訪ねてみると、そこはタクシー会社でした。安全祈願の石像だと教えていただき、ポーズの意味に納得!

2代目なおいぎれの返却と新なおいぎれ購入のため「尾張大國霊神社」に向かいました。巫女さんにお話を伺い、新しいなおいぎれを購入♪その後神社の方になおい神事について教えていただき、参加者はお祭り当日、自宅を出るところからふんどし一丁だというエピソードにビックリ!ウドちゃんもいつか参加したいという思いを胸に、お参りもさせていただき、これからの旅の安全を祈願しつつ神社を後にしました。

視聴者情報でいただいた懐かしの味たまごボーロの「岩本製菓」では、30年変わらないデザインとやさしい味のたまごボーロを試食させていただきほっこり♪ウドちゃんの試食のリアクションに社長さんもほっこり♪しかしながら信長の時代に伝来したという、たまごボーロの歴史の深さに驚かされました!信長もたまごボーロを食べていたかも!?と思いをはせつつ、旅を締めくくりました。

ウドちゃんの旅してゴメン ウドちゃんの旅してゴメン

(C) メ~テレ

Pickup
おすすめ番組