ウドちゃんの旅してゴメン

エンタメ~テレクション47 From名古屋
ウドちゃんの旅してゴメン

あたたかな笑い、優しさ、ほのぼの、キュンとする気持ち…。
ウドちゃんの笑いと優しさがいっぱいの行き当たりばったりの旅。

ウドちゃんの旅してゴメン

日本 時間 HD

"忘れかけていた気持ちを、ウドちゃんが気ままな旅を通じてみなさんにお届けします。出会った人々も気さくに接してくれる、台本のない旅。「旅番組」というよりは「旅のドラマ番組」。ユニークな人々との出会いによって、旅が予期せぬ方向にむかうことも!?ウドちゃんの笑いと優しさがいっぱいの行き当たりばったりの旅、お楽しみ下さい。

On Air Schedule
オンエアスケジュール

8
2017 August

#349
1(火)18:00-(初)
4(金)8:05-

#350
8(火)18:00-(初)
11(金)8:05-

#351
15(火)18:00-(初)
18(金)8:05-

#352
22(火)18:00-(初)
25(金)8:05-

#353
29(火)18:00-(初)

9
2017 September

#353
1(金)8:00-

#354
5(火)18:00-(初)
8(金)8:00-

#355
12(火)18:00-(初)
15(金)8:00-

#356
19(火)18:00-(初)
22(金)8:00-

#357
26(火)18:00-(初)
29(金)8:00-

番組表はこちらから

Cast
出演

ウド鈴木
血液型:AB型
星座 :やぎ座
性格 :竹を割ってまたくっつけたような性格
好き :豚のしょうが焼き定食、綿棒、上戸彩ちゃん、エントランス
嫌い :アップルパイ、落ちているトイレットペーパーの芯、生きたシャコ、手前に引くドア

Episode
番組内容

#349 8月ONAIR

#349:矢作の地巡り 五月晴れ 愛知・岡崎市

「愛知・岡崎市」を旅してゴメン!まずは矢作川に向かうことにしたウドちゃん。車を拭いていたお父さんに声をかけるとこれから家族でお出かけ。仲良しな雰囲気にほのぼのするウドちゃんでした♪

緑いっぱいの通りを進むと矢作川に到着。川沿いでは多くの人がバーベキューを楽しんでいたので、お邪魔させていただくと元気の良い子どもたちに圧倒されつつも楽しいひとときを過ごしました♪

その後、近くの「矢作神社」にお参り。ここで視聴者情報を開き大海老料理をいただくことができる「やはぎ川」に行くことに。途中で出会ったお父さんが案内してくださり到着。お店の方にご挨拶し、注文を済ませ席で待っているとお母さんが声をかけてくださり楽しくお話♪そしてお料理が運ばれてくるとエビの大きさにビックリ!大満足のウドちゃんでした♪

再び視聴者情報を開き、次は「磯部ろうそく店」にお邪魔することに。歩いているとなんとベルトがはずれるハプニング!公園でお父さんに声をかけていただきお祭りがあることを伺ったので後ほどお邪魔すると約束しました。「磯部ろうそく店」に到着すると、ご主人にご挨拶し中に案内していただきました。並んでいるろうそくについて伺ったり、実際の作業の様子を拝見させていただきました。ギャラリースペースに案内していただき、実際にろうそくに火をつけていただくとやわらかい炎に引き込まれるように見入りました。

最後に先程お父さんに教えていただいた祭りを見るため「能見神明宮」を訪れ、お父さんにお話を伺うとなんと祭りは来週!山車やお祭りについて伺っていると子ども達がお父さんを探しにやって来てほっこりしつつ今回の旅を締めくくりました。

ウドちゃんの旅してゴメン ウドちゃんの旅してゴメン

#350 8月ONAIR

#350:自然が織り成す キセキの恵み 三重・紀北町海山

「三重・紀北町海山」を旅してゴメン!なにやら気になる工房を発見すると、ウドちゃんに気付いたお母さんが声をかけてくださいました。ニンニクの加工もしているということで、一ついただき皮をむくと中が黒色でビックリ!舌鼓を打っていると一袋いただいてしまいました。

そして白石湖で幻のカキがとれると教えていただき興味津々。白石湖を目指している途中でお父さんにお話を伺うと、カキのシーズンは終わってしまったそう。しかし、お父さんのお店ではカキのひつまぶしを年中いただけるという嬉しい情報♪早速お店にお邪魔し、“渡利かきのひつまぶし”をいただくとカキの旨味をしっかり堪能♪カキを養殖している「畦地水産」を教えていただきお店をあとにしました。

「畦地水産」に到着すると、突然の訪問にも関わらず快く対応してくださり感謝。ご夫婦の仲の良い様子を羨ましく思うウドちゃんでした。ご主人に白石湖でのカキの養殖について教えていただくと、厳しい環境で育つカキだと知り美味しさにも納得しました。

次に視聴者情報を開き、全国唯一の紀州のこ職人さんがいる「中屋功次鋸製作所」を訪ねてみることに。到着して、お父さんにご挨拶させていただき早速のこぎりを見せていただくとしなり具合にビックリ!作成途中のものを見せていただき2万回ぐらい叩くと伺いまたもビックリ!実際に木を切らせていただくと、自然に切れていく切れ味に感心するウドちゃんでした。

通りを歩いていると今度は金魚とカメを発見!飼っているおうちの方にお話を伺うことができました。水槽の中から顔をのぞかせるかわいらしいカメや元気に泳いでいる金魚の様子から、家族の愛情をたくさん注いでもらっているんだと思いほっこりして今回の旅を締めくくりました。

ウドちゃんの旅してゴメン ウドちゃんの旅してゴメン

#351 8月ONAIR

#351:神々が宿る 海女の里 三重・南鳥羽

「三重・南鳥羽」を旅してゴメン。国崎バス停からスタート!近くにある案内地図を見て、まずは「鎧崎灯台」を目指すことにしました。海のそばを歩いているとヒジキをとっているお母さんに出会いお話を伺いました。海女さんをしており前日は潜っていたそうです!熨斗あわびの作り方を尋ねると、丁寧に作り方を教えてくださいました。話している途中、足をすべらせて転んでしまったウドちゃん。足元には気をつけましょう!

「鎧崎灯台」を探し歩いていると初めて目にするような木肌の鳥居を発見!その後「鎧崎灯台」に到着し雄大な海を満喫しました。ここで視聴者情報を開き「はちまんかまど」に行くことに。通りで出会ったお父さんに場所を尋ねると、案内してくださることに。さらに途中で声をかけた若者達も合流し、皆で向かうことになりました。通りぞいの畑で農作業をしていたお母さんに声をかけていただき、名前の読み方で盛り上がりました。最初に出会ったお父さんはお仕事のためお別れ。すると近くに女子大生海女のおうちがあるということで寄り道し、おばあさんにご挨拶させていただきました。

ようやく「はちまんかまど」に到着するとかつてウドちゃんと出会ったお母さんと再会!懐かしいお話をし、焼きたてアツアツの海の幸に舌鼓を打ちました♪

そして昔お母さんと出会った「石神さん」へ。神社の近くで似顔絵師の方に出会い、似顔絵を描いていただくとイケメン海女男に♪そして「石神さん」にお参りさせていただき、たくさんのあたたかい方に出会った今回の旅を締めくくりました。

ウドちゃんの旅してゴメン ウドちゃんの旅してゴメン

#352 8月ONAIR

#352:太古のロマン 山里の薫り 岐阜・七宗町

「岐阜・七宗町」を旅してゴメン!龍神様ののぼりを見つけワクワク♪通りを歩いていて出会ったお母さんに「赤池弁財天」を教えていただくも、遠い場所だそう。お父さんを呼んできてくださり、詳しく道を教えていただきました。

さらに歩を進めると、これから習い事というお母さんと出会い練習場所にお邪魔させていただくことに♪演歌に合わせて踊る<歌謡舞踊>をされているそう。ゆったりと舞うお母さんたちに見とれるウドちゃんでした。

その後、お母さんお手製の黒豆ジュースで水分補給。踊りやすいワンフレーズを教えていただき、ウドちゃんも一緒に踊って楽しみました♪

次に出会ったのは外でニンニクを選別中のお父さん。壁に立てかけられていた杖が気になり尋ねてみると、なんとお父さんの手作り!今日これからの旅に備え、お言葉に甘えていただいてしまいました。

山道を進んでいくと「赤池弁財天 赤池龍神」の看板を発見!急な階段では先程いただいた杖が大活躍!大自然の美しさを満喫しつつ、ようやく「赤池弁財天」に到着し、お参りさせていただきました。

それから視聴者情報を開き「ひさご食堂」へ。お店の方にご挨拶し、情報で寄せられていた“ねぎまトリトン”について伺うと残念ながら土曜限定商品のため、この日はいただけませんでしたが、かわりに“焼きうどん”を注文。ハバネロを漬けた自家製の酢をかけ、さっぱりした美味しさに舌鼓を打ちました♪

最後にやって来たのは「日本最古の石博物館」。移動のために乗ったエレベーターの仕掛けにビックリ!そして20億年前の石を目の前にし地球のロマンに触れ、今回の旅を締めくくりました。

ウドちゃんの旅してゴメン ウドちゃんの旅してゴメン

#353 8月ONAIR9月ONAIR

#353:原風景に酔いしれる里 岐阜・揖斐川町

「岐阜・揖斐川町」を旅してゴメン!歩き始めてすぐ「三輪神社」の看板を見つけ行ってみることに!本堂には自分で振ることができる祓串があったので、手順をしっかり読みつつ実践。するとウドちゃんに気付いた園児たちが元気にご挨拶してくれました♪

禰宜さんにもご挨拶し、実は気になっていた顔出しパネルのところへ。イベントのために作りその後は境内に出しているそう。顔を出してニッコリ笑顔のウドちゃん♪その後、全面協力しますという禰宜さんのお言葉に甘え、お神輿も見せていただきお祭りの話を伺いました。

次にやって来たのは揖斐川。橋の上から景色を楽しみ、ひんやりとした涼を感じました。ここで視聴者情報を開き“和紅茶”を作っている「ちゃぼぼ園」に行くことに。到着すると温かく迎えてくださいました♪タイミングよく烏龍茶を出そうとしていたところで一杯ごちそうになりました。普段、目にするのとは違いきれいな黄金色。あまりの美味しさに思わず声が出てしまうウドちゃん!オーナーのお母さんのお話で、味が強く美味しいので他のお茶の味を引き立たせるために使われていると知り、普段引き立ててもらってばかりというウドちゃんは尊敬の念を抱きました。次に“和紅茶”をいただき舌鼓♪

お礼を伝えお別れした後、茶畑の近くへ。作業中のお父さんがいらっしゃったので声をかけさせていただきお話を伺うと、お茶に対する熱い想いを伺うことができ、さらに元気をわけていただいて最後の場所「かすがモリモリ村リフレッシュ館」へ。受け付けの方にご挨拶をし、早速お風呂へ♪薬草風呂で旅の疲れを癒し、今回の旅を締めくくりました。

ウドちゃんの旅してゴメン ウドちゃんの旅してゴメン

#354 9月ONAIR

#354:世界に誇れるモノがいっぱい 愛知・豊田市

「愛知・豊田市」を旅してゴメン!まず初めに「雀屋製菓舗」というお菓子屋さんを見つけ、お邪魔させていただきました。ウドちゃんの登場に驚いていたお母さんですが、お話するうちに次第に笑顔に♪すると賞状に気付いたウドちゃん。そこに書かれていた“自動車もなか”に興味津々!実物を見せていただくと、表も裏も見事に再現されており、車好きのウドちゃん大興奮!パクリといただきそのおいしさに舌鼓を打ち、かわいらしいお母さんにほっこりして、次の場所へ。

見つけたのは小さな電気自動車が並んでいる場所。小型でかわいらしいフォルムに感心しつつ、さらにその利用方法にも未来を感じるウドちゃんでした。ここで視聴者情報を開き「トヨタ屋食堂」に向かいます。到着するとちょうどお昼時で込み合っていたため、改めて伺うことにしました。その間、スイカの直売をしている「小林農園」にやって来たウドちゃん。営んでいるご夫婦にご挨拶すると、すぐ美味しそうなスイカを出してくださり、一足早い夏を感じながらいただきました♪

再び「トヨタ屋食堂」にやって来ると、店内から先程対応してくださったお父さんの威勢の良い声が♪別の店員さんにご挨拶させていただき、おかずを選ぼうとするも、品数の多さに目移りしてしまいます。メインはカレーライスに決定し、ちょうどお父さんもお食事中だったのでご一緒させていただきました♪ボリューム満点のカレーをいただきながら、お店ができたときの話など伺い楽しくお話♪お会計のときまで楽しくユーモアのあるお父さんに元気をもらい、今回の旅を締めくくりました。

ウドちゃんの旅してゴメン ウドちゃんの旅してゴメン

#355 9月ONAIR

#355:駿河の海と緑の台地 静岡・牧之原市

「静岡・牧之原市」を旅してゴメン!服屋を営んでいるお母さんと出会い、古いミシンがあるというので見せていただくことに。店内にお邪魔し、見せていただくと昔ながらのガッシリとしたフォルムに歴史を感じました。さらに写真が好きだということで作品を見せていただくと、その美しさにビックリ!お母さん自慢のカメラでウドちゃんも撮影していただきました♪

再び歩き始めると展望台を見つけたので行ってみることに。「牧之原市役所」に到着し、係りの方を紹介していただいてご挨拶。展望台に行く前にお茶特産課に案内してくださり、よく冷えたお茶をいただいてリフレッシュ!階段をのぼり到着した展望台から眺める景色は絶景!海と山の近さを実感したり、映画の撮影で使用されたプールも拝見できました。

海に向かって歩いていると「渡辺豆富店」という気になるお店を発見!お母さんにご挨拶しお話を伺っていると、冷蔵庫の中に<予約席>と書かれた札が置かれており、豆乳を予約されている方のスペースだそうで地元のつながりを感じほっこりするウドちゃんでした。

さらに歩を進めているとシラスの直売所を見つけ、立ち寄りました。明るい女性の方々にお出迎えしていただきウドちゃんも笑顔に♪ちょうどシラスが到着し、釜に入れる瞬間に立ち会うことができました!専用のザルでシラスをすくい、水をきる台に並べていきます。そして茹でたてのシラスをいただき大満足♪その後、駿河湾で水平線を見たウドちゃんは地球の雄大さを実感。バスのチケット売り場で牧之原台地への行き方を教えていただき、バスに乗り込みます。途中で乗り合わせた小学生達と楽しくお話♪お茶畑に到着し、景色を楽しみながら歩いているとトラクターで作業中のお父さんがいらっしゃったので、声をかけさせていただきました。トラクターの上にあがらせていただき、一面の茶畑を見渡すことができて豊かな自然を満喫し町の人々の優しさに触れた今回の旅を締めくくりました。

ウドちゃんの旅してゴメン ウドちゃんの旅してゴメン

#356 9月ONAIR

#356:東海道 峠の先に見ゆる富士 静岡市清水編

「静岡市清水」を旅してゴメン!まずやって来たのは「魚吉」という魚屋さん。突然のウドちゃんの訪問に驚くご主人でしたが、快く対応してくださいました♪「清見寺」の場所を教えてくださり、さらにはとれたてのシラスやマグロのお刺身をご馳走になって初めから大満足!

次に通りを歩いていて出会ったご夫婦にお話を伺ってみると、サボテンのお手入れ中。オススメの場所を尋ねると薩埵峠を教えていただきました!お話している間にお母さんがサボテンを株分けしてくださり、珍しいプレゼントをいただきました♪

町の景色を楽しみつつ歩いていると「清見寺」に到着。お寺の方にご挨拶させていただき、案内していただきました。関所の名残といわれる清見ヶ関の古武器<さすまた>が飾られており先にはトゲがついていて見るだけで痛そう。奥に進むと家康が子どもの頃、勉強をしていたというお部屋を拝見させていただきました。2階の大広間にお邪魔させていただくと、広々とした部屋から辺りをよく見渡すことができました♪

次は薩埵峠に向かうことにしたウドちゃん。途中で出会ったお母さんに、古いお宝が眠るおうちがあると教えていただき、興味津々!タクシーに乗り富士山を見ようと目を凝らしていると、バッチリ見えておおはしゃぎ♪

目的地に到着し、正面に見えた富士山に感動!さらに海の美しさも満喫しました♪そして先程、お母さんに教えていただいたお宅に無事到着!ウドちゃんの声に気付き、中からお母さんが出てきてくださったので、ご挨拶。この日はたまたまいらっしゃったので中に案内していただくことができました。山岡鉄舟が逃れたという蔵の扉を開けると中は座敷になっておりビックリ!当時、山岡鉄舟が預けたフランス製のピストルを見せていただきました。さらに隠し階段を見せていただき、実際におりると足がすくむような急な階段!外まで案内していただき、歴史上の人物と同じような経路を辿った不思議を感じ、今回の旅を締めくくりました。

ウドちゃんの旅してゴメン ウドちゃんの旅してゴメン

#357 9月ONAIR

#357:夏の特別企画 真夏の夜旅♪ 広島・尾道市

「広島・尾道市」を旅してゴメン!旅ゴメでは初めて訪れる広島県にやってきました!尾道駅からスタートです!ウドちゃんが思春期の頃に影響を受けた尾道三部作の一つ<転校生>について熱く語り、舞台になった場所を訪れようと期待に胸が膨らみます♪通りを歩き始めると尾道商店街の標識を見つけ行ってみることに。到着すると観光案内をしているお父さんに出会い、転校生の舞台になった場所について教えていただきました。

坂道を登っていくとタイの交通手段、トゥクトゥクが入口前にある「ビュウホテル セイザン」を発見!店内にお邪魔しお話を伺うと、オーナーの奥さんがタイ人だそう。レストランから、景色を一望させていただくと美しい景色に見入りました。次に通りで出会ったお父さんにウドちゃんが歩いてきた通りは偶然にも昔の街道を歩いてきたと伺い、なんだか不思議な気分。

「御袖天満宮」に向かい歩いていると、徐々に雰囲気のある風景に。そしてついに映画の舞台になった石段に到着するとウドちゃん大興奮!しっかりお参りもさせていただき大満足でした♪

再び尾道商店街を歩いていると不思議な施設「あなごのねどこ」を発見!店内にお邪魔するとウドちゃんの突然の訪問に驚く店員さんでしたがご挨拶し、お話を伺いました。学校で実際に使われていた物を再利用しているそうでなんとも懐かしい雰囲気。いらっしゃったお客さんにお話を伺うと、この日が初対面ですが一緒にご飯を食べている方々や、台湾から来られて北海道から九州まで自転車で巡っている方など様々でした。最後に訪れたのは親子で営まれている「ままかり家II」というお店。ボリューム満点の“ねぎ尾道ラーメン”に舌鼓を打ち、多くの人に出会い印象深い今回の旅を締めくくりました。

ウドちゃんの旅してゴメン ウドちゃんの旅してゴメン

Youtube
動 画

(C) メ~テレ

Pickup
おすすめ番組