ウドちゃんの旅してゴメン

エンタメ~テレクション47 From名古屋
ウドちゃんの旅してゴメン

あたたかな笑い、優しさ、ほのぼの、キュンとする気持ち…。
ウドちゃんの笑いと優しさがいっぱいの行き当たりばったりの旅。

ウドちゃんの旅してゴメン

日本 時間 HD

"忘れかけていた気持ちを、ウドちゃんが気ままな旅を通じてみなさんにお届けします。出会った人々も気さくに接してくれる、台本のない旅。「旅番組」というよりは「旅のドラマ番組」。ユニークな人々との出会いによって、旅が予期せぬ方向にむかうことも!?ウドちゃんの笑いと優しさがいっぱいの行き当たりばったりの旅、お楽しみ下さい。

On Air Schedule
オンエアスケジュール

6
2017 June

#340
2(金)8:05-

#341
6(火)18:00- (初)
9(金)8:05-

#342
13(火)18:00-(初)
16(金)8:05-

#343
20(火)18:00-(初)
23(金)8:05-

#344
27(火)18:00-(初)
30(金)8:05-

7
2017 July

#345
4(火)18:00-(初)
7(金)8:05-

#346
11(火)18:00-(初)
14(金)8:05-

#347
18(火)18:00-(初)
21(金)8:05-

#348
25(火)18:00-(初)
28(金)8:05-

番組表はこちらから

Cast
出演

ウド鈴木
血液型:AB型
星座 :やぎ座
性格 :竹を割ってまたくっつけたような性格
好き :豚のしょうが焼き定食、綿棒、上戸彩ちゃん、エントランス
嫌い :アップルパイ、落ちているトイレットペーパーの芯、生きたシャコ、手前に引くドア

Episode
番組内容

#340 6月ONAIR

#340:気になるモノがいっぱい 三重・亀山市

「三重・亀山市」を旅してゴメン!通りで「くるくるベーグル」というお店の看板を見つけ細い路地を進んでいくと、一見、民家のようなお店発見!開店前だったのでのちほど伺うことに。

再び散策していると白いウメの花を見つけ美しさに見入りました。そして先程のお店に戻るとちょうど開店したところで中にお邪魔させていただきました。ベーグルは生地を発酵させ一度茹でてから焼くものだと教えていただき、一つ知識が増えたウドちゃん。“よもぎ甘納豆”をいただくと中はもちもちでよもぎの風味と甘納豆の甘さがベーグルの生地で見事に調和されまさに絶品♪優しい店主のお母さんにも癒されお店をあとにしました。

ここで視聴者情報を開き加太焼の職人さんに会いに行くことに。途中、お店で加太焼について尋ねると、わざわざ連絡してくださり、会えることに。工房の前で待っているとお母さんがこられ、中に案内していただきました。お話を伺うと、なんとご主人が加太焼の元祖!お父さんから連絡があり、ご自宅にいらっしゃるということで案内していただけることに。お父さんにご挨拶させていただき、家の前の工房でお話を伺っていると、昔作った抹茶茶碗を記念にといただいてしまいウドちゃん感動。仲の良いご夫婦に温かい気持ちになりお別れしました。

次にやって来たのは亀山駅前にある「瑞宝軒 ローゼンボルグ」。こちらも視聴者情報で寄せられていたお店で、“ロシアケーキ”というお菓子について尋ねると、昔からあるレトロな洋菓子で、一ついただき懐かしさのある美味しさに舌鼓を打つウドちゃんでした♪

最後にやってきたのも視聴者情報で寄せられていた「オレンジペコー」。眠気覚ましとして誕生したという“モーレツ紅茶”をいただくとその色にウドちゃんビックリ!コーヒーにも引けをとらない濃い色で、飲むほどに渋さが増していく不思議な味。パッチリ目が覚めたところで今回の旅を締めくくりました。

ウドちゃんの旅してゴメン ウドちゃんの旅してゴメン

#341 6月ONAIR

#341:春めく海風 ぶらり日和 三重・鳥羽市

「三重・鳥羽市」を旅してゴメン!JR鳥羽市駅からスタート!足元のタイルに大きな地図が描かれており、それを見て日和山に行くことに。予想に反して急な坂道を登ると辿り着いた見晴台から広がるのは美しい風景。自然の美しさを堪能したウドちゃんでした♪

そして視聴者情報を開き「冨士乃屋」というお店に向かうことに。途中、酒屋さんで道を尋ねると参考にと町の地図をくださり、ふと見上げると「コンニチハ中西酒店デス」というサービス精神旺盛なネーミングに感心するウドちゃんでした。「冨士乃屋」にお邪魔すると、いらっしゃるお客さんたちが温かく迎えてくださり、お父さんにもご挨拶させていただいて“ホルモン焼きそば”を注文。目の前の鉄板でお父さんが焼いてくださりまずは何もつけずに熱々をパクリ!これでも十分美味しいですが、味噌ダレにつけるという珍しい食べ方にも大満足のウドちゃんでした!

先程いただいた地図を見ていると牡蠣の燻製が気になり次は「海童工房 海寅」へ。お父さんにご挨拶させていただくと15時頃に出来上がるとのことで後ほど伺うことに。次にお邪魔したのは「鳥羽大庄屋 かどや」。江戸時代には財産家で大庄屋を務めていた廣野家の邸宅。貴重な物を色々見せていただきました。

「海童工房 海寅」に戻る前にお酒を調達しようと再び「中西酒店」に向かっていると、通りでちょうどお父さんと合流。店内にはお父さんが考えたユニークなポップがいろいろ貼ってあり楽しく拝見させていただきました♪

改めて「海童工房 海寅」に伺うと作業場に案内してくださり、できたての牡蠣の燻製をいただくとうっとりするほどの美味しさ。さらにオリーブオイル漬けもいただくと、一口で食べたことを後悔するほどの美味しさ。牡蠣と燻製の深い魅力に気付き今回の旅を締めくくりました。

ウドちゃんの旅してゴメン ウドちゃんの旅してゴメン

#342 6月ONAIR

#342:人の優しさ 春陽の如し 岐阜市

「岐阜市」を旅してゴメン!アーケード街を歩き始めてすぐ気になるお肉屋さん発見!お父さんにご挨拶しお話を伺うと100年以上に渡り営業している老舗。ショーケースの中にはおいしそうなお肉がずらり!ふと壁に貼ってあるポスターを見ると、なんと昔ウドちゃんが働いていた会社のもの!不思議な縁を感じました。

次にやって来たのは「安田屋家具店」。ショーウィンドウに飾られているハンギングチェアを見ているとウドちゃんに気付いたお母さんが中に案内してくださいました。実際に座ることができるものもあり、お言葉に甘えて座らせていただくと、まるでゆりかごのようでリラックスしたウドちゃんでした♪お父さんにお話を伺うと、こちらのお店も100年以上続く老舗。この辺りは古いお店が多いらしく昭和25年頃まで路面電車が走っていたそうで、当時の写真を見せていただき町について教えていただきました。

再び通りを歩いていると、たいやき屋さん発見!ご主人にご挨拶し焼くところを見学させていただいていると、一人のお客さんがやって来ました。春からフィンランドに行くにあたり向こうでたいやきを紹介したいという彼女。せっかくなのでたいやき作りを体験することに♪丁寧に指導するご主人と、真剣に取り組む彼女を撮影するウドちゃん。焼きあがるまでの間にフィンランドに行く理由を尋ねてみると、日本の教育をよくしたいという大きな志を持っていると伺い、ウドちゃん感動!そして焼きあがった“たいやき”は、商品にできる!とご主人も太鼓判!一緒においしくいただきました♪

次に訪れたのは「梅林公園」。美しい梅の花を楽しみながら園内を歩いていると、写真を撮っているご夫婦と出会い、ウドちゃんがご夫婦の2ショットを撮らせていただきました♪

ここで視聴者情報を開き「水道山」に行くことに。途中、場所を尋ねようと公園で遊んでいる子どもたちに声をかけると展望台まで案内してくれました♪展望台では外国の方が写真撮影の真っ只中!声をかけさせていただき最後はみんなで一緒に記念撮影をして楽しく今回の旅を締めくくりました。

ウドちゃんの旅してゴメン ウドちゃんの旅してゴメン

#343 6月ONAIR

#343:旅の途中で ほっと一休み 京都・京田辺市

「京都・京田辺市」を旅してゴメン!案内地図を見て行き先を考えます。いくつか気になる場所を見つけ旅スタート!まずキララ商店街に行くことにしたウドちゃん。町の方に道を教えていただき無事到着♪楽しげな音楽が流れるお肉屋さんのお父さんが声をかけてくださいました。いす-1グランプリというイベントを教えてくださり、興味津々のウドちゃん。理事長を紹介してくださり昨年、実際に使われたイスを見せていただくと、車検を通った証のシールが貼ってあり、なんだかワクワク♪座ってみると自分の足を使うイスの移動は思った以上に大変だと感じたものの、ユニークな競技に心踊るウドちゃんでした!

次に向かったのは「酬恩庵一休寺」。電柱に設置されている一休さんにまつわる案内板を読みながら進んでいると、小学生の男の子たちと出会い、おうちがすぐ近くということでお見送り!「酬恩庵一休寺」に到着し受付の方にご挨拶させていただくと突然のウドちゃんの訪問に驚くも、ご住職に連絡してくださり、一休さんについていろいろ教えていただいて勉強になったウドちゃんでした!

そして「甘南備山展望台」に行くことにしたウドちゃん。息を切らせながらも展望台に到着!町を見渡せる絶景に見入りました♪ここで視聴者情報を開き「舞妓の茶 本舗」を訪ね、お母さんにご挨拶させていただくと、情報にもあった玉露名人のおばあちゃんを紹介していただきました。囲炉裏でお茶を煎れていただく間、お父さんにお茶について伺い、深い緑が美しいお茶の葉を見せていただくと100グラム2万円と伺いビックリ!煎れていただいたお茶を一口いただくと想像とは違う旨味が口の中に広がり、ほっこりして今回の旅を締めくくりました。

ウドちゃんの旅してゴメン ウドちゃんの旅してゴメン

#344 6月ONAIR

#344:暮春の近江・石山詣り 滋賀・大津市

「滋賀・大津市」を旅してゴメン!通りを歩いているとおしゃれなパン屋さん発見!お邪魔してお話を伺いました。中には様々なパンが並んでおり目移りしてしまいます♪“ミニよもぎあんぱん”を購入し奥さんと楽しくお話しながらいただきました。

続いて瀬田川にやって来たウドちゃん。クルージングの案内板を見つけ、時間に合わせて後ほど来ることに。通りで出会ったお母さんに声をかけていただき、瀬田川は淀川につながり最終的には大阪湾までつながっていると教えていただき一つ勉強になりました。川にかかっている橋を渡っているとちょうどクルーズ船が運航しているところに遭遇。その後、しじみの看板を見つけ気になったウドちゃんはお父さんにご挨拶。水槽に入ったしじみを見せていただきいろいろ伺って興味が募るウドちゃんでした♪

クルージングの時間が迫ってきたので乗り場に向かうとギリギリセーフ!2階に上がると船の周りにはたくさんのカモメが飛んでおり、お母さんがエサをくれたのでカモメたちに向かって投げると器用にキャッチ!その度におおはしゃぎで美しい風景も楽しみ大満足のウドちゃんでした♪

次にやって来たのは「石山寺」。お寺の方にご挨拶させていただき、案内していただきました。多宝塔や国の天然記念物に指定されている硅灰石を拝見させていただいたり、紫式部にまつわるお話を伺ったりして、お参りさせていただきました。そして座主を紹介していただき、お話を伺えることに。紫式部以外にも日本の歴史を代表する様々な方が石山寺でアイデアを練ったと教えていただき、ウドちゃんも神聖な雰囲気に魅了され今回の旅を締めくくりました。

ウドちゃんの旅してゴメン ウドちゃんの旅してゴメン

#345 7月ONAIR

#345:名君が築いた きらめく町 愛知・西尾吉良

「愛知・西尾吉良」を旅してゴメン!最初にやって来たのは桜並木が美しい「春日神社」。お参りさせていただき氏子総代にオススメの場所をいくつか教えていただきワクワク♪

吉良の赤馬というのぼりが気になり、やって来たのは「東角園」という和菓子屋さん。お店の方にご挨拶させていただき、“吉良の赤馬”について教えていただきました。

さらに歩を進めると「金蓮寺」の道標を発見。ご住職にご挨拶させていただくと、ちょうど鐘を突く時間とのことで、代わりにウドちゃんが鐘を鳴らしました。11時半に鳴る鐘を目安に、みかん畑で作業をしている方々がお昼に戻ってくるそうです。本堂の中に案内していただき、文化財に指定されている阿弥陀三尊像を拝見。お参りさせていただき住職のお話を伺ってほっこりしたウドちゃんでした♪

畑が広がる通りを、春を感じながら歩きます。海の近くに到着し階段を降りていくと、何やら作業中のお母さんが。てっきりお花畑だと思いましたがそうではないそうで、頑張って刈り取っていました。

砂浜にやって来て春の海を堪能したウドちゃん。ここで視聴者情報を開き「サントルチオ」というチーズの専門店に行くことに。通りかかったお母さんたちに場所を教えていただき到着。お父さんにご挨拶しお話を伺うと、日本人が好きで日本人女性と結婚しチーズ作りに適した気候である吉良町に住み始めたそう。チーズについて教えていただきながら試食させていただくと、チーズ本来の味わいに舌鼓♪ひいおじいさんの代からチーズを作り始め代々子どもたちの中から一人に継承されているそうです。受け継がれる伝統の重さを感じ今回の旅を締めくくりました。

ウドちゃんの旅してゴメン ウドちゃんの旅してゴメン

#346 7月ONAIR

#346:南信州 花開く仏都の晩春 長野・飯田市

「長野・飯田市」を旅してゴメン!まず「元善光寺」に向かうことにし通りを歩いていると、通りで御開帳のポスターを見つけ期待が高まるウドちゃん。多くの参拝客で賑わっている所を進み本堂にやってくると、職員の方にご挨拶。御開帳されているご本尊を参拝させていただきました。さらに御砂踏という各札所の観音様の前にそのお寺の砂を敷き、巡礼することでお遍路と同じご利益を授かることができる風習を体験させていただきました。これは御開帳の時しかできないということで、良いタイミングに感謝するウドちゃんでした。

町の中を歩いていると、たくさんの白い花が咲いている場所を発見。何やら作業をしているお父さんがいらっしゃったのでお話を伺うとナシの花でした。この辺りで果樹を作っている方はナシやリンゴなど色々作っているそうです。

ここで視聴者情報を開き「水晶山温泉」へ行くことに。途中、うっちゃんの手作り太鼓の看板を見つけ、気になりお邪魔してみると社長のうっちゃんは休憩中だったので、改めてうかがうことに。「水晶山温泉」に到着するとたまたま駐車場に関係者の方がいらっしゃったので案内していただきました。大きな岩で作られた入口から中に入ると美しい水晶があり、温泉はさらに奥に。ゆったりのんびり入らせていただきました♪

そして再び手作り太鼓のうっちゃんの元を訪ねると明るく迎えてくださいました。武田信玄がお手植えしたケヤキで作った太鼓や長野県一の大太鼓を見せていただいたり叩かせていただきました。元々は大工さんで最初は趣味で太鼓作りを始めたそう。そのときからのお弟子さんと2人で作っていると伺い、その絆に感動し今回の旅を締めくくりました。

ウドちゃんの旅してゴメン ウドちゃんの旅してゴメン

#347 7月ONAIR

#347:笑顔咲く 奥美濃の雪解け 岐阜・郡上白鳥

「岐阜・郡上白鳥」を旅してゴメン!周囲に見える山々にはまだ雪が残っていました。土鈴ぽい人形を見つけ店内をのぞいてみると、かわいらしい人形がたくさん♪お母さんにご挨拶し、お話を伺うと「日本土鈴館」の館長さんが趣味で集めたものだそう。オススメの場所として「日本土鈴館」を教えていただきました!

通りを進んでいくとペンキ塗りをしているお父さんと遭遇しウドちゃんもお手伝い♪お店をやっていらっしゃるとのことで案内していただくと店内には駄菓子など様々な商品が。1回50円のくじ引きでウドちゃんが引き当てたのは飛ばして遊ぶおもちゃ♪壁には約30年前からこれまで訪れた子ども達の写真が飾ってあり、大人になり子どもさんを連れて一緒に遊びに来る方や、写真を懐かしみに来られる方など多くの方のふる里として愛されているお店だと知り、ほっこりするウドちゃんでした♪

のんびり通りを歩いていると長良川に到着!近くで花を作っているというお母さんと出会いきれいなお花をいただきました♪通りに出るとすぐにお母さんと再会!「日本土鈴館」まで車で送っていただきました。館長さんをご紹介していただくと、明るい人柄にウドちゃんも元気になります!館内はギッシリと展示物が。中にはカッパの置物がたくさんある場所があり、館長さんは奥長良河童村の村長でもあるということでカッパの鳴き声を教えていただき笑顔になるウドちゃんでした♪

次に視聴者情報を開き「満天の湯」という温泉に行くことに。その前に、最初に立ち寄ったお店で土鈴館のことを教えていただいたお礼を伝えました。最後に訪れた「満点の湯」では、周囲の風景を楽しみながらゆったり湯船につかり、町にも温泉にも癒された今回の旅を締めくくりました。

ウドちゃんの旅してゴメン ウドちゃんの旅してゴメン

#348 7月ONAIR

#348:草花薫る 里山の風景 三重・いなべ市

「三重・いなべ市」を旅してゴメン!通りを歩いていると軽トラックが数台とまっている場所を見つけ行ってみるとトラクターのエンジン音が。中にいらっしゃったお父さんにご挨拶をし、お話を伺いました。トラクターの運転席に座らせていただくと、思っていたより広く動きやすさを実感。お話をしていると若者が現れ、そのお父さんとおじいさんもやって来て3世代勢揃い!オススメの場所を尋ねると、ぼたんまつりのことを教えていただき、おじいさんに車で送っていただきました。

いなべ市農業公園の中に入ると様々なボタンの花に目移りしてしまいます♪園内で出会ったお父さんに声をかけさせていただくと十数年前はまだ少ししかなかったそう。別の場所では桜の花びらが散り、花びらのじゅうたんのようになっていて美しさに見とれるウドちゃんでした♪

ここで視聴者情報を開き「片樋まんぼ」を見に行くことに。まんぼとは水田用の地下水路のこと。矢印の案内に従って進んでいくと無事、発見!下に降りていくとひんやりしており、きれいな水が流れていて小さなトンネルのようになっていました。まんぼに沿って歩き用水路とつながっている所を発見!完成当時の水が流れたときの歓喜の光景を思い浮かべるウドちゃんでした。

再び視聴者情報を開き釣りができる「サンクチュアリ」を訪れました。お店の方にお話を伺うと池にはニジマスがメインでいるそう。そしてウドちゃんも釣りにチャレンジ!一匹も釣れず諦めかけた最後の一投…ニジマスを釣り上げることに成功!釣りの醍醐味を味わい今回の旅を締めくくりました。

ウドちゃんの旅してゴメン ウドちゃんの旅してゴメン

Youtube
動 画

(C) メ~テレ

Pickup
おすすめ番組