• HOME > 
  • ホラー > 
  • ほんとうに映った!監死カメラ シリーズ
ほんとうに映った!監死カメラ シリーズ

10月NEW
TV初放送!
ほんとうに映った!監死カメラ シリーズ

巷にあふれる監視カメラ。それは時には"死"を見つける監死カメラとなる…!

年度 年度 日本 HD

我々が普段目にしている世界は、本当に真実の世界なのであろうか?

人間の脳は無意識のうちに見なくてもいい情報を都合良くコントロールし、脳内で削除しているという。しかし、機械となればそうはいかない。気がつけば、我々の頭上には無数の監視カメラがある。その数は日本全国に400万台以上といわれている。1日に数千万時間以上撮られる監視カメラの映像。しかしそこに映っているのは果たして我々が目にしている世界と同じものなのだろうか。あなたの頭上の監視カメラは、時に、死の世界を見つめる眼差しとなる。

そこに写る怪奇な現象は死者の怨念や無念が形となり、我々に真実を伝えようとしているのかもしれない…。

On Air Schedule
オンエアスケジュール

10
2017 October

監死カメラ11
4(水)10:40- /12(木)7:45- /22(日)5:00-

監死カメラ12
2(月)26:00-(初)
21(土)20:30- /22(日)6:05- /25(水)5:05-

11
2017 November

監死カメラ12
1(水)6:40- /19(日)5:10-

監死カメラ13
9(木)20:55-(初)
18(土)21:00- /19(日)6:20- /22(水)6:40- /27(月)26:00-

番組表はこちらから

Episode
番組内容

監死カメラ11 10月ONAIR

監死カメラ11

黒い女
高層マンションの窓付きのエレベーターの監視カメラ。ひとりの男が乗り込み5階のボタンを押し上昇し始めるが、4階を通り過ぎる時、喪服の女が窓からのぞきこんでいた。さらに・・・・

中古車
自宅ガレージから車を盗まれた事のある家主が、新たに中古車を購入した時、車庫に防犯カメラを設置した。そしてある深夜、突然落下した防犯カメラに映っていたものは・・・・

廃墟5
廃墟シリーズ5弾!今回、廃墟ハンター菅野が一晩過ごすのは終戦後放置された防空壕。それに遭遇した菅野はやはりあわてて逃げ出すが・・・・・・

肝試し
ある墓地。肝試しにやって来た若者4人。彼らは記念にスマホで写真を撮り始めるが、フラッシュが焚かれた瞬間、彼らの背後には・・・・

呪術
あるミュージシャンのライブ会場で、観客を捉えた映像。そこには不気味な行動をする女がいた。毎回のその女行動に、気になったミュージシャンは、その理由を尋ねる。すると女は「売れるおまじないだ」と言う。また、そのファンの女はファンレターと共に、変なものを送ってくる。相談されたスタッフはそれらの“物”を持ってKATOR氏の元へ訪れるが・・・・・・

男色霊
夜のある湖へ続く道、ドライブ中の運転手が異様な悲鳴を聞き、その声がする方向へ曲がると、そこには下半身丸出しのまま、よつんばいで唸る男が前方にいた。やがて別のおじさんが、塩らしきものを撒きながらその男に近づき助け上げ、病院に連れて行けという。ドライブレコーダーに映ったその映像を検証する為、その地にやって来たスタッフは、取材の過程で地震に合い、更にとんでもないものに遭遇する事になる。

■スタッフ
監督:寺内康太郎(「ほんとうにあった怖い話~邪霊」)
監修:坂本一雪(「ほんとうにあった!呪いのビデオ11~15」「怪奇!アンビリーバブル」)

ほんとうに映った!監死カメラ シリーズ ほんとうに映った!監死カメラ シリーズ ほんとうに映った!監死カメラ シリーズ

(C) 2015 AMGエンタテインメント

監死カメラ12 10月ONAIR11月ONAIR

監死カメラ12

スカイプ
インターネットを使い、スカイプで国際電話をしている姿を記録した映像。NYと東京間でのその映像会話の中で、画面が乱れたその時、NY側の男の顔に・・・・

ループ
あるトンネルのある道の出入り口付近を捉えた監視カメラの映像に、一人の男があり得ないタイミングで何度も映っていた。やがて男は、監死カメラに向かって紙切れを向けている。その紙切れには文字が書かれているらしいが、いったいこの男は…。

祈り
ある宗教団体の信者変死事件を追って、マスコミがその団体の本部を監視するように映した映像。その本部の前で怪しい儀式をする信者らしき男が映し出されてしばらくすると、空中に蠢く物体が映る。そして次の瞬間。カメラのレンズが割れた。いったい何が…。

廃墟6
廃墟ハンター菅野君シリーズ6弾!ある大学施設の廃墟を訪れた菅野君。今回遭遇したものは!?幽霊?それとも…。

本当に呪われた中年男性
数年前から、自分は『呪われている』と語る中年男性から毎月1回の投稿があった。それは明らかに捏造映像だった。ある時、ある霊能者の直筆で「この方は呪われています」と書かれた診断書が同封されていた為、万が一にも可能性があるかもと、スタッフは投稿者へ取材を試るのだが…。

メッセージ
とある地方駅の駅前を映した監視カメラ映像、そこにはビルに設置された街頭ビジョンも映っている。そこには様々なCMが流される中、あきらかにCMでもない異様な映像映し出されるという。

レア幽霊
あるさびれた田舎町住宅街の監視カメラに、いわゆるお馴染みの幽霊が映った!死に装束で、ちゃんと頭に三角頭巾を付け、足はない。この幽霊に興味を持ったスタッフはKATO氏の元に向かい、更に現地へと取材に出かけると、そこには、あのハンターがいた…。

■スタッフ
監督:寺内康太郎(「ほんとうにあった怖い話~邪霊」)
監修:坂本一雪(「ほんとうにあった!呪いのビデオ11~15」「怪奇!アンビリーバブル」)

ほんとうに映った!監死カメラ シリーズ ほんとうに映った!監死カメラ シリーズ ほんとうに映った!監死カメラ シリーズ

(C) 2015 AMGエンタテインメント

監死カメラ13 11月ONAIR

監死カメラ13

魔のカーブ
山奥にあり、事故が多発する通称「魔のカーブ」。車通りが少ない夜間の監視カメラ。ある車が右カーブを曲がる瞬間、ガードレール付近に立ち尽くす黒い影がライトに照らされる。

神隠し
ある子供が失踪した事件での、子供の最後を捉えたと言われている公園での監視カメラ映像。誰もいない公園で何やら不審な男が布に包んだ「何か」を持って遊具のトンネルに近付き、中へと入るのだが…。

廃墟7
シリーズですっかりお馴染みになった菅野君、渾身の第7弾。いつもの様に廃墟を紹介。菅野センサーが反応し幽霊がでた、と思いきや、幽霊の姿は映らない。困惑する菅野。幽霊を捜すがなかなかいない。そこで、必殺技「横パーン」を使用するのだが…。

除霊食堂
投稿映像―。鶯谷にある通りの監視カメラ。店の前を撮影している映像。奥に続くホテル街が映し出されている。道には『立ちんぼ』をしている女が1人いる。男が話しかけ、その女と共に去って行く。その女は、監死カメラシリーズでお馴染みの金田萌黄であった…。いったいなにが…困惑したスタッフはKATOR氏に頼る!

夜釣り
釣り禁止の地区に備え付けられた監視カメラ—。そこへ、カップルがゴムボートを出して入っていく姿がある。一方カップルが回しているビデオ映像。これは、湖に転落した2人が落としたもので、岸に打ち上げられていたものだった。そこに映っていたものは…。

I am 日本人
アメリカ・ニューヨークからある映像が送られてきた。アメリカ人、ジャック・スチュアートがベッドで呻いている映像だ。何故か取り憑かれたように日本語を叫び続けている。メールのメッセージには「かんしカメラいつもYOUTUBEでハッピーにウォッチしていますと書かれていた。スタッフが連絡をとると「僕を助けてくれ」と。そしてジャックはすぐに日本に来た!

■スタッフ
監督:寺内康太郎(「ほんとうにあった怖い話~邪霊」)
監修:坂本一雪(「ほんとうにあった!呪いのビデオ11~15」「怪奇!アンビリーバブル」)

ほんとうに映った!監死カメラ シリーズ ほんとうに映った!監死カメラ シリーズ ほんとうに映った!監死カメラ シリーズ

(C) 2015 AMGエンタテインメント

※放送の都合上、カットしている場合がございます。あらかじめご了承ください。

Pickup
おすすめ番組